[PR] 賃貸大分 日経225先物で稼ぐ生活








2007年09月13日

日経225先物生活 2007/9/13

昨夜のアメリカ市場は小反落。
原油高がマイナスに働いたようですね。
でもトータルとしては方向感なし。

CMEの日経225先物は意外にも大引けにかけて上昇しました。

今日の日本市場の225先物は何となくの下降トレンド。取引最終日ということもあるし、ポスト安倍の流れも不透明ということで、出来高も少なく手控えムードですね。


CME日経225先物 15890(+110)大証比

外国証券寄付前成行注文 買い 2940万株 売り 3270万株 330万株売越

日経225先物 2007/9月限 O.15920 H.15940 L.15790 C.15800(+20) V.65457
日経平均株価 15821.19(+23.59)

今日の日経225先物トレード ( / 枚)
    15,920買 → 15,880売  -40
    15,880売 → 15,800買  +80

今日の私は、ボチボチ。


安倍さんの唐突な辞任は、自分自身の「政治とカネ」の問題が新たに出てくるのかもと危惧しましたが、本当に体調が悪いようですね。

朝方は「潰瘍性大腸炎」と噂されてましたが、お医者様からは「機能性胃腸障害」と発表されました。

ということならストレスですよね。政治が上手くいっていればストレスもなかっただろうに。

なにはともあれ精神を病んでなくてよかった。(そういう発表はしないだろうけど)

組閣の時に「麻生さんに騙された」と漏らしたとの噂も流れてますね。
何か問題が発生すると与謝野さんと麻生さんの発言ばかり流れるし、安倍さんは既にお飾りなっているということに今更ながら気づいたのかもしれませんね。







福田元官房長官が出馬を決めたようですね。ビックリです。
少しお年を召しているし国民受けも今ひとつでしょうけど、堅実な政治家だと思います。
総理になった後も堅実でいられるかはわかりませんけど。
流れが変わりましすね。

麻生さんピンチ!

額賀さんにはあまり興味がありません。


posted by hoyu at 18:06| Comment(13) | 日経225先物トレード | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

日経225先物生活 2007/9/12

昨夜のアメリカ市場は好調。

CMEの日経225先物も割りと一本調子での上昇トレンド。


寄付き前に発表された8月企業物価指数は市場予想通りの発表。
一時は16000を越えて推移することもありましたが徐々に沈静化。

そして13時が迫ってきました。

日本首相による9.12自爆テロです。

炎上していた支持率も、音を立てて崩落しました。

かわいそうな政治家でした。
本人もかわいそうだし、周囲もかわいそうでした。

辞任の速報が出た瞬間は日経平均が急騰しましたね。なぜなんでしょう?
まぁその後は一応下降を始めました。それが普通ですよね。
そこまでバカにされているの?と思いました。気の毒すぎますもの。

安倍首相を好きではありませんでしたが、ここまで駄目だとも思ってませんでしたからザンネンです。
タイミングも空気も読めない首相に成り下がってしまいましたね。


CME日経225先物 15955(+115)大証比

外国証券寄付前成行注文 買い 2280万株 売り 2340万株 60万株売越

日経225先物 2007/9月限 O.15960 H.16050 L.15720 C.15780(-60) V.146624
日経平均株価 15797.60(-80.07)

今日の日経225先物トレード ( / 枚)
    15,980売 → 15,950買  -30
    15,950買 → 15,780売  +170

今日の私は、お蔭様でした。安倍様々? 不謹慎?


自民党は結局、麻生さんが党首になり内閣はほぼ横滑りとなるような気はしますが、大変ですね。
麻生さんだって失言の多い政治家ですから、油断できません。

安倍さん、間違っても自殺なんかはしないで欲しいですけど、プライドが高いだけにちょっと心配。


昨夜は女子と男子の日本代表サッカーを立て続けに見てましたので、正直言って眠かった。
でもウトウトしてる場合じゃないですよね。
日本だけが沈んでいくのでしょうか。


いつもご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします →  ランキング1  ランキング2


posted by hoyu at 18:59| Comment(0) | 日経225先物トレード | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

日経225先物生活 2007/9/11

昨夜のアメリカ市場は基本的に大きな材料なし。
一部企業の業績上方修正に一瞬テンションが上がりましたが、マインドは湯冷めする程度のものでした。
ダウ、ナスダックは高安まちまち。ほぼ前日水準での大引けでした。

CMEの日経225先物も途中、大きく上げ下げしましたが、終わってみればこちらも大証の終値水準。


寄付き前に発表された7月機械受注(前月比)が市場予想 +5.0% に対して +17.0% とかなりのサプライズ。
8時50分にそれまで15740だった気配が15760にシュッと上がりましたが、「その程度?」と口を付いて出るほどわずかなもの。
寄付きでも15780とフシギなほど反応がなく、急落前の7月の指標では喜べないということなのかも。
寄付き後はジワジワと下げていきましたが、市場参加者のマインド以外に悪材料ってあまりなかった気がするんですよね。

しかしながら10時30分過ぎからジワジワとサプライズが効いてきたのか、その後は喜び爆発?


CME日経225先物 15705(-35)大証比

外国証券寄付前成行注文 買い 2220万株 売り 4060万株 1840万株売越

日経225先物 2007/9月限 O.15780 H.15950 L.15610 C.15840(+100) V.126313
日経平均株価 15877.67(+112.70)

今日の日経225先物トレード ( / 枚)
    15,620売 → 15,720買  -100
    15,720買 → 15,840売  +120

今日の私は、ちょっと不本意。

ほぼ底の時点で売りを入れてしまったのが、すべての敗因。

今夜、米国市場は9.11。
何か神経質な反応が起こるのかどうか。


いつもご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。
よろしければ応援クリックお願いします →  ランキング1  ランキング2


posted by hoyu at 19:03| Comment(0) | 日経225先物トレード | 更新情報をチェックする



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!



ワード



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。